お肌に低刺激な化粧品選び│アトピー肌でも使えるアイテムとは

刺激を減らし症状改善に

化粧水

外的要因を取り除こう

アトピー性皮膚炎は、肌のバリア機能が弱かったりアレルギー体質のため、皮膚に炎症が起きる病気です。良くなったり悪くなったりを繰り返し、長く付き合わなければいけないため、長期に渡って苦しんでいるという方も多いのではないでしょうか。アトピーの女性が特に悩むのは、顔に使う化粧品です。メイクをすると肌が荒れてしまったり、化粧水をつけるだけでピリピリする、といった経験をした方も多いでしょう。アトピーは肌のバリア機能が弱いため、余計な刺激物を嫌います。紫外線や汗、花粉といった刺激だけでなく、シャンプーや石鹸、化粧水に含まれる成分が刺激となっていることもあります。現在、使っている化粧品を見直すだけで、肌の状態が改善する可能性も十分にあります。いまはアトピーの人や敏感肌の人のために、多くの化粧品が登場しています。敏感肌によいと化粧品と呼ばれるものは、皮膚科医が監修し、余計な添加物は使わず、肌に良い成分を厳選したものなどです。そのため、化粧品選びでは配合成分がなるべく少ないものを選んだ方が良いでしょう。シンプルなものを選んだ方が、自分のアトピーの要因となるものを排除しやすくなります。いまは基礎化粧品だけでなく、メイクアップアイテムにもアトピーの人向けのものが登場しています。肌には何もつけない方がいいという症状の方もいるかもしれませんが、ホコリや花粉といった外的要因の付着が原因の場合もあります。その場合は、肌をパウダーなどで覆うことで刺激を減らすことができるため、症状を和らげられるかもしれません。この機会に、配合成分をよく見て、自分の症状に合ったものを選びましょう。

毛穴をカバーする

婦人

ファンデーションのカラーをきれいに出すために「化粧下地」は欠かせない存在です。自分の肌質に合ったもの、使用感が良いものを選びましょう。そして、土台をきれいに整えておくことも忘れてはならないポイントです。

美しいベースメイクが実現

ファンデ

美しいベースメイクのために、正しいファンデーションの選び方を頭に入れておきましょう。乾燥肌の人にはクリームやリキッドタイプが、オイリー肌の人にはパウダリータイプが適しています。また、ベースメイクを仕上げる際に使うコスメアイテムを変えれば、様々な仕上がりが楽しめます。

正しいケア方法を学ぶ

ウーマン

毛穴ケアを行う前に、まずはしっかり肌の仕組みを理解していくことが重要です。どのようなケア方法が適切なのか、自分に合ったケア方法とはどのような方法なのかは、まずは時間をかけて肌の仕組みから理解をすることから始めてみましょう。